×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

化粧水の種類1

だいたい4つの種類から、化粧品は成り立っています。通常、化粧水といえば一般化粧水です。洗顔後の利用が主で、肌荒れや肌の乾燥を防ぐことを目的として使われています。80%の水と10%ほどのアルコール、グリセリンなどの保湿成分が入ったものが多いようです。(肌の弱い人のためのノンアルコール化粧品もあります。)

化粧水の種類2

次にアルカリ性化粧水です。アルカリ性化粧品はごく少なく、ほとんどの化粧品は弱酸性か中性の性質を持っています。アルコールやにアルコールに水酸化カリウムなどが配合されて作られており、あかぎれやヒビなどに効果がある化粧水です。pHが高くアルカリ性なので、人によっては長い間の使用で肌が薄くなることがあります。次に収斂化粧水です。収斂化粧水は肌を引き締める効果を持った化粧水です。

化粧水の種類3

強い酸性化粧水の場合は小じわを作ることがありますが、皮脂の流れを一時的に押さえて脂性肌の改善に役立ちます。フレッシュナー、もしくは除去化粧水と呼ばれる拭き取り化粧水は、皮膚をふき取るように使います。洗顔目的で使用することもありますし、薄化粧や使用後のコールドクリームなどを洗い落とす目的でも使えます。拭き取り化粧水は、場所を選ばず手軽に使えるという特長もあります。

Copyright © 2007 化粧水の種類について知りたくありませんか?化粧水の種類教えます。